プロフィール

Author:ポルポル
ポーランドボールは100%歴史的に正確であり、スウェーデンのホモゲイから日本の触手マニアまで幅広く楽しめるコミックです。
初心者はチュートリアルを読むのが吉ですが、長いので飛ばしても問題ないおぶ。

ポーランドボールをさらに詳しく知りたい人は同志が作ったwikiをチェックするんよ
ポーランドボールwiki


黄金のルール
*ポーランドボールを真剣に受け取らないでね*

相互リンク・RSS大歓迎です。

twitter:@polandballtrans
facebook
mail:polandball.honyakuアットgmail.com

翻訳記事のリクエストがある方は、コメント欄かメールでURLを教えてください。
(スパム対策でフルURLはバンしてるからhttp外してプリーズよ)


一日一回応援お願いします!

アクセスランキング

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

【世界】2010年伝統文化料理対決【ポーランドボール】


    2010年伝統文化料理対決 (1)

    ポーランド「オブ・ウェルカムズ!なんで僕がナイスなスーツを着て国章を付けているか不思議に思うかもね。そう、今日はとっても特別な催しがあるんだ。今日はなんと」


    2010年伝統文化料理対決 (2)

    2010年文化遺産料理対決の日だ!


    2010年伝統文化料理対決 (3)

    ポーランド「僕はポーラン、このイベントのホストをやるよ。料理対決の審査役を歓迎しようね…プロフェッサー・UN!」
    国連「ハロー」


    2010年伝統文化料理対決 (4)

    ポーランド「こっちは前の審査からのファイナリストで、3人が補欠選手だよ。歓迎してね!料理対決の優勝者は最も有名なユネスコ世界遺産リストにその料理方法が記載されるよ!オブ・グレーツ!そうでしょ?」


    2010年伝統文化料理対決 (5)

    ポーランド「みんなに最大級の幸運を!ポヴォゼニア(幸運を)!!それじゃあ、オブ・レディーング…セット…ゴー!!」


    2010年伝統文化料理対決 (6)

    フランス「ヘヘ、これは楽勝だね!タマネギをくれ」
    イタリア「ロソ(そうさ)!僕のが最高の味さ!塩回して、スパーニャ」
    スペイン「地中海料理がベスツさ!アーティチョークくれるかい」


    2010年伝統文化料理対決 (7)

    ポーランド「…アジアンのシェフ達はとっても集中しているね…」
    日本「集中する」
    インド「ディヤーナ(精神統一)が重要だ」
    タイ「サマタ(心)を研ぎ澄ませ」


    2010年伝統文化料理対決 (8)

    イギリス「ボーロックス(なんてこった)!アイルランドとスコットランドに最高の材料だけを送るよう言ったのに…やつらには我らが女王の王室料理への敬意がないな!」
    ドイツ「ふーむ…これがグートだな…」
    アメリカ「ガッデム、ジャーマニー!お前はバーバリアンか?ホットドッグはパンに挟むってことを一回学んだらどうだ!」


    2010年伝統文化料理対決 (9)

    トルコ「これはブユーク(素晴らしく)になるぞ!」
    中国「更に醤油が必要的ね」
    ロシア「ナサモンジェーレ(本気か)??もっとソイソースがいるだと?お前に必要なのはウォッカだって言ってるだろ!」


    2010年伝統文化料理対決 (10)

    ポーランド「選手が3人見えないから、前回代理人を決めたんだけど、彼らは今外にいるようだね…」
    ラトビア「カルトゥペリス(ポテト)だ!」
    アイスランド「早く、スウェーデン!ブリテンがとっても良く発酵した魚を投げたのを見たんだよ!」
    スウェーデン「ヨーヴィエット(分かってる)!ヨーヴィエット!アイスランド!探してるだろ!!」


    2010年伝統文化料理対決 (11)

    メキシコ「…今度はサルサ用にチリトスを加えて、っと…」
    ペルー「イェイ、これはパーフェクト!」
    アルゼンチン「今こそ世界でもっとも偉大なアルゼンティーナ白人料理を見せつけるチャンスだ…俺が白人ですごいということを見せつけてやる!」


    2010年伝統文化料理対決 (12)

    ポーランド「オブ・タイムズ・アップ!!」


    2010年伝統文化料理対決 (13)

    ポーランド「さあ料理を食べて誰が文化遺産リストにふさわしいか判定する時間だよ!誰が最初かな?」
    アルゼンチン「¡¡¡ヨー(俺だ)!!!」


    2010年伝統文化料理対決 (14)

    アルゼンチン「最高に華やかな料理を見てごらん、美味しいぞ! ¡シュラスコ! に ¡エンパナーダのアルゼンチン風チミチュリソース添え! だ」


    2010年伝統文化料理対決 (15)

    国連「あー、アルゼンティーナの肉はそこまで大したことはないですね」
    アルゼンチン「¡¿ケー!?」
    国連「しかしとても、とても良く調理されています」
    アルゼンチン「もちろんそうだとも!」
    国連「それからエンパナーダはとっても風味がある一方で、チミチュリソースが本当に際立っていますね」
    アルゼンチン「その通り!優勝はもう貰ったぜ!」


    2010年伝統文化料理対決 (16)

    EU「ジャーマニー!君はバラエティに欠けてるけど、どのソーセージも特色があって美味しいという事実が、これを補強していますね!それにこんなに美味しいビールは飲んだことがないです!ベリーグッドジョブ!」
    ドイツ「どうもダンケ!」


    2010年伝統文化料理対決 (17)

    国連「UK、君のフィッシュ・アンド・チップスはそこまで注目に値する部分はないですね。しかし君のハギスはとても興味深くオリジナルだと思います」
    イギリス「ワット??その忌まわしいスコットランド料理が??猫を台所から追い出すのに使ってたのに!!」


    2010年伝統文化料理対決 (18)

    アメリカ「オーライ、もう終わらせようぜ!味わいなフリーダムを。ダブルチーズバーガーのベーコン付き!XXLサイズのホットドッグ!フレンc…あー、リバティ・フライのケチャップ添え!そしてアップルパイだ!」


    2010年伝統文化料理対決 (19)

    国連「あー、アメリカ。君の料理は実際とっても美味しいが、成分的に健康にあまり良くないのが少し気になるね。例えば、そのチーズにケチャップはたくさんの化学成分が入っているようだね」
    アメリカ「あぁ”!"健康"なんて女々しいな!俺がホモだとでも思っているのか?」


    2010年伝統文化料理対決 (20)

    国連「では、インディア、君は何を作ったのかな?」
    インド「カレーさ!」
    国連「わお!これはファンタスティック!激しさと味の組み合わせで、口に入れた瞬間から後味に至るまで味が変化するのがなんと素晴らしい!これは…オー…」


    2010年伝統文化料理対決 (21)

    20分後…


    2010年伝統文化料理対決 (22)

    国連「チャイナ、タイランド!君たちの料理はとっても印象的ですね。どっちも美味しくて地元の材料を上手く使っています!レストランを開くべきですね!」
    中国「多謝」
    国連「それから、残りは家に持ち帰っていいですか?」
    タイ「どうもコップンカップ…パック詰めしてあげるよ」


    2010年伝統文化料理対決 (23)

    ポーランド「あー、どうやら競技者の内二人は料理するのを忘れているようだね…」
    ロシア「うるさい!これがロシアの国民食だ。聞いているのか?ウォッカだ、くそが!!」


    2010年伝統文化料理対決 (24)

    スウェーデン「幸運なことに、誰かがシュールストレミング缶にバッチリなゴミを捨ててくれたのを見つけたんだ」
    アイスランド「そして僕は見つけた魚でハスカールを作ったよ」
    国連「何だこの臭いは!?やめろやめてくれ!片付けてくれ!片付けてくれ!かた…づけ…てええええ…」


    2010年伝統文化料理対決 (25)

    20分後…
    国連「ボエエエエ…なぜだ、神よなぜ…ブオエエエエ」


    2010年伝統文化料理対決 (26)

    国連「なぜかな、ターキー、このケバブは素晴らしい見た目だね!」
    トルコ「テシェクル・エデリム(ありがとう)!」


    2010年伝統文化料理対決 (27)

    セルビア「ネー!!」


    2010年伝統文化料理対決 (28)

    セルビア「ケバブを排除しろ!!ケバブを土地から排除しろ!トルコのアホ野郎は動物園に住んでいろ、セルビアはお前お絶対に許さないこのならず者の糞ったれ…etc


    2010年伝統文化料理対決 (29)

    20分後…
    セルビア「ケバブを土地から排除しろおおおおおおお!!」


    2010年伝統文化料理対決 (30)

    国連「スペイン!君のタパス(小皿料理)の品々はファンタスティックですね!それからパエリアは地中海とイベリア半島の材料を上手に使った素晴らしい例と言えるでしょう…コングラッチュレーション!君のワインは少しドライですが君の出身を考えれば納得出来ますね…それからこのハム!オーマイガー、こんなに種類があってとっても美味しい!フェリシダデス(素晴らしい)!」
    スペイン「ヘヘヘ、グラシアス!」


    2010年伝統文化料理対決 (31)

    国連「ペルー!なんて素晴らしいセビチェなんだ!それにシーフードスープがグレート!世界最高の料理の1つと言っても言い過ぎではないですね。なぜあまり知られていないのでしょう?」
    ペルー「さあね!ムーチョ(たくさん)に自慢するのは好きじゃないんだよ」


    2010年伝統文化料理対決 (32)

    国連「ジャパン!何から言うべきかな?魚と少しの材料でこんなにたくさんのことが出来るなんて思いもしませんでしたが、あなたは成し遂げていますね!この料理は素晴らしい偉業です!味はユニークで文化の偉大なる象徴と言えますね!これを越えるのはとても困難でしょう!」
    日本「ありがとございます。UNさん」


    2010年伝統文化料理対決 (33)

    フランス「そろそろ良い時間だろう」
    イタリア「フィニーレといこうじゃないか!」


    2010年伝統文化料理対決 (34)

    イタリア「スパゲッティ・アッラ・ボロネーゼ!ジャガイモのニョッキ!ピッザ・マルガリータ!チーズカルツォーネとペペローニ!赤ワイン!ラザニア・ナポレターナ!」 (左から)


    2010年伝統文化料理対決 (35)

    フランス「エスカルゴ!シャンパーニュ!ラタトゥイユ!チーズスフレ!フォアグラ!スープ・アラ・オニオン!タルティフレット!鴨のオレンジソース!」 (左から)


    2010年伝統文化料理対決 (36)

    国連「これはアメイジング!こんなの今まで味わったことがない!技のフレンチ、力のイタリアン!地中海の味をつかった最もスペシャルでクリエイティブな料理です!あっぱれ!そういえば地中海といえば、ギリシャや他の国はどこですかね?」


    2010年伝統文化料理対決 (37)

    ギリシャ「料理対決するには変な場所だな…俺が一番乗りなのかな?…ガイズ?みんなどこにいるんだ?」
    ネパール「グルルル…」 エベレスト・サミット

    レバノン「ようやく招待された位置にこれたよ!!…ヘイ!君は誰だい、おチビさん?」
    トリスタンダクーニャ「ヘイ、客人!俺はトリスタンダクーニャ、俺の父ちゃんはUKで俺は1816年に生まれたんだけど誰も客が来ないんだよね!ワオ、とっても良い食べ物の匂いだね!前に蟹を食べたことがあるんだけどとってもおかしな味だったよ、知ってる?…etc」

    モロッコ「ああ、くそ…」(右:南極)


    2010年伝統文化料理対決 (38)

    イタリア「彼らは来れないようだね…」
    フランス「ヘヘヘ…」
    国連「あー、正直なところを言うと、君たち二人のどっちがベストか決めることが出来ないですね。両方を優勝者と呼ぶのが良いと…」
    メキシコ「むあった!!」


    2010年伝統文化料理対決 (39)

    国連「オー、メキシコ!申し訳ない!フランスとイタリアの料理に動転しすぎて、もう競技者は残っていないと思っていました!」
    メキシコ「ああ、そうだな」
    国連「プリーズ!今日何を調理したのか見せてください」


    2010年伝統文化料理対決 (40)

    メキシコ「まずは、モーレ・ポブラノ。チキンは、メソアメリカンとヨーロピアンの味が組み合わさったバロック式のレシピの、チョコレートやチリといった30を越える材料で作られた茶色いソースで覆われているんだ。脇にあるのはフリホレス・レフリトスのオアハカ・チーズ添えとライスさ。次はチレスエンノガダ、肉とチーズを詰めたポブラノ唐辛子で、カスティリヤのクルミサルサとグラナダの種がかけられていて、ノパルサボテンの煮物が添えてあるね。残りは、バッタの揚げ物と、ケソ・フレスコチーズとワカモレの2種のサルサのチラキレス、飲み物にテキーラとパインアップルリキュールさ…最後に、面白いからいろんなサルサを用意したよ」


    2010年伝統文化料理対決 (41)

    国連「わお、メキシコ!これは…これは神秘的だね!君のせいでさらに判定が難しくなりました。勝者を宣言する前に考える時間を下さい!」
    メキシコ「むあった」


    2010年伝統文化料理対決 (42)

    メキシコ「秘密兵器があるのさ」 ¡ラ・トルティーヤ!


    2010年伝統文化料理対決 (43)

    イタリア「そんな生地が秘密兵器になると思ってるの?正気かい?イタリアーノに勝つことなんてありえないさ!このマスカゾーネ(悪党)!!」

    トルティーヤ「¡タコス・デ・エスパゲッティ!」


    2010年伝統文化料理対決 (44)

    トルティーヤ「¡タコス・デ・ラタトゥイユ!」

    トルティーヤ「¡タコス・デ・セビチェ!、¡タコス・デ・スシ!、¡タコス・デ・サルチーチャ!」


    2010年伝統文化料理対決 (45)

    メキシコ「全ての食物はトルティーヤに乗って、タコになるのさ」


    2010年伝統文化料理対決 (46)

    国連「ワオ、メキシコ!とってもクリエイティブです!これで決まりましたね…」
    イタリア「これで??ノオオオオ!!」


    2010年伝統文化料理対決 (47)

    国連「優勝者です!」
    メキシコ「¡ア・フエボ(YES)!」
    ポーランド「何があったの?」
    アメリカ「けっ、くだらねえ!もう行こうぜ、ジャーマニー!お前のホットドッグ持って来て、試合でも見ようぜ」
    スペイン「まぁ、ズルすることに関しても俺が教えたことだしな」
    フランス「ジューはお前が大嫌いだ…」
    イタリア「ノオオオ!メッシコ、ふざけるな!再戦を要求するよ!こんなのありえるかい?カッゾ、カッゾ、カッゾ(くそ)!!」


    2010年伝統文化料理対決 (48)

    アメリカ「*バクバクゴクリ* アホメキシコにやつのアホな食い物め。バクバク。なんだってテキサスはこんな風な料理法を学んでいないんだ?バクバク。だとすると奴を何のために引き取ったんだ?」
    ポーランド「ワオ、USがメキシコ料理食べてるの?」
    ドイツ「また現実がおかしくなってるな、ポーラン」







海外の反応


  1. 作者:トラトアニ

  2. 解説:
    2010年に、メキシコ料理が初めてUNSCOの無形文化遺産リストに載ったんだ。
    (そしてメキシコ人は何からでもタコを作れるんだよ)
    それから、トリスタンダクーニャは地球で最も見捨てられた土地なんだよ!
    (あと、ゲスト出演として、タイム・トラベルのコミックシリーズも入れてるよ)
    あと、これが俺の初コミックだよ、イェイ!

    2010年伝統文化料理対決 (79)

  3. フィンランド

  4. ※1
    こんなに出来の良い初コミックは見たこと無いよ。実際、これはお気に入りのコミックになってね。君のアートからして、一回しか高評化出来ないのが残念だよ。もっと作品を作ってね!とっても素晴らしいからさ。
    それからアメリカがメキシコを恨みながらメキシコ料理を食べてるのと、テキサスについて文句を言ってるのは面白いねlol

  5. メキシコ帝国

  6. ※1
    >メキシコ人は何からでもタコを作れるんだよ
    タコが何か特別な料理だと思ってる人には、タコは食べ方だって説明するのがいいよ。

    2010年伝統文化料理対決 (49)

  7. 作者:トラトアニ

  8. ※3
    タコは生き方さ :P
    禅や武士道みたいなものだね

  9. アメリカ:テキサス州

  10. ※4
    "そなたのモットーは何か?"
    "それが真なら、タコとなるだろう"

    2010年伝統文化料理対決 (50)
    人生はタコみたいなものだ。
    あー、いやそうじゃないな…
    ただ腹減ってるだけだわ。

  11. ドイツ

  12. これはコミックじゃないな。グラフィックノベルだね!

  13. アメリカ:ウィスコンシン州

  14. ペルーの食べ物に触れてるのはナイスだね。みんな見下すけどこれはまじで美味いよ。

    2010年伝統文化料理対決 (51)

  15. 作者:トラトアニ

  16. ※7
    イエス!とっても過小評価されてるけど、国連が言ってる通り、世界最高の1つだね!:D

  17. アメリカ

  18. 不健康?不健康だと?俺の食べ物は不健康じゃないぞアホタレ。俺の食べ物はお前を大きくする、皆知ってるだろ。大きいのは強い、そして強いのは健康ということだ

    2010年伝統文化料理対決 (52)

  19. 不明

  20. ポーランドの国章も反対になってるのが気に入ったわ。

    2010年伝統文化料理対決 (53)

  21. ラトビア

  22. ポテトがあるから高評価

    2010年伝統文化料理対決 (54)





解説

以下、馴染みの無さそうな料理の説明です。

・アルゼンチン
シュラスコ:鉄串に各種肉を刺して、岩塩で炭火焼きした料理

2010年伝統文化料理対決 (57)

エンパナーダ:具入りのパン・ひき肉やタマネギが入ってる
チミチュリソース:パセリとニンニクのみじん切りを、油と酢で和えたもの

2010年伝統文化料理対決 (58)

・イギリス
フィッシュ・アンド・チップス:白身魚のフライにポテトフライを添えたもの。これ以外まともなイギリス料理はない。

2010年伝統文化料理対決 (61)

ハギス:羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランド料理

2010年伝統文化料理対決 (62)

・アメリカ
フリーダム

2010年伝統文化料理対決 (63)

・スウェーデン
シュールストレミング:塩漬けニシンの缶詰。匂いを嗅ぐと死ぬ

2010年伝統文化料理対決 (65)

・アイスランド
ハカール:サメの肉を発酵させたもの。臭い

2010年伝統文化料理対決 (66)

・スペイン
アーティチョーク:チョウセンアザミのこと

2010年伝統文化料理対決 (56)

タパス:スペイン料理の前菜

2010年伝統文化料理対決 (67)

パエリア:米に野菜、魚介類、肉などを炊き込んだ料理。黄色いのは米を炊くときにサフランで着色しているため。

2010年伝統文化料理対決 (68)

・ペルー
セビチェ:魚のマリネ。ペルーの国民食

2010年伝統文化料理対決 (70)

・イタリア
カルツォーネ:ピザの両面焼き版。中に具が入ってる

2010年伝統文化料理対決 (71)

ニョッキ:小麦粉とジャガイモを混ぜて作るパスタの一種

2010年伝統文化料理対決 (73)

・フランス
ラタトゥイユ:夏野菜を炒めてトマト、香草、ワインで煮た料理

2010年伝統文化料理対決 (76)

タルティフレット:ジャガイモのグラタン

2010年伝統文化料理対決 (77)

・メキシコ
モーレ・ポブラーノ:唐辛子、ナッツ類、香草、チョコレートなどを混ぜたソース

2010年伝統文化料理対決 (78)

チレスエンノガダ:唐辛子の中にひき肉野菜を詰め、クリームソースとザクロの種を加えた料理

2010年伝統文化料理対決 (55)

・その他の解説
-アルゼンチンは自称白人国家
-ラトビアにポテトはない
-セルビアはケバブを排除します
-ポーランドとドイツが別のおかしな世界にタイムトラベルするコミックがあります



感想

タコじゃないのもあるらしい





翻訳元:
http://www.reddit.com/r/polandball/comments/2wst6l/2010_cultural_heritage_cookoff/



2010年伝統文化料理対決 (1)

関連記事

コメント

    :2015/04/29(水) 13:29
長い!
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 13:30
「どんぐりこ」ってサイトで、意訳で羨ましいって翻訳した方が通じるんじゃねって書き込んだら書き込み拒否されたwwww
自分の語彙の無さが招いた炎上なのに、おれに八つ当たりしたバカWebmaster。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 13:35
海外でもタコが通じるのかw
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 13:36
これを見てると腹が減ってしまった
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 13:38
3人の組み合わせが日本インドタイなのも良いね!
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 13:49
書き込み拒否の内容ってそんなこと細かに決められないんじゃ・・・
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 13:58
なかなか長編でポーランドボールだっての忘れてた
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 13:59
オイ、メキシコ ふざけるな。
そのタコスの中身を寄越せ、

ご飯に乗っけてタコライスにしてやるから。
(タコライス:ご飯にタコス中身を乗せた 沖縄の名物料理。メキシコ=>アメリカ=>日本(沖縄)の経由)

774:2015/04/29(水) 14:16
砂浜に流れ着いた椰子の実から南国の砂浜を思い描くように、日本に辿り着いた異国文化はその妄想力により魔改造される運命から逃れる事は出来ない。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:18
力作だねえ。
中東系の料理が出なかったのが残念だが、伊仏の策か。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:23
ウリが参加していないなんて、キャベツにだ
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:24
これは力作
ニンジャスレイヤーを直前に見てたから日本の「-san」に吹いてしまった
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:28
長いけどそのぶん読み応えあったな
ペルー料理に興味出てきた
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:35
なげーよ
いったいだれが優勝したんだよ
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:37
ラフに描いてるけどこいつ絵が上手い。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:47
英独米の組み合わせに吹いた
ドイツごめん
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 14:56
スペイン料理って絶対日本人の舌にガチで合うと思ってるんだが、
なんというか、イタリア料理に比べると
コレというキャッチーな料理がないのか
いまいち日本国内ではパッとしないんだよなー
名無しの日本人ほんほん:2015/04/29(水) 15:06
いいね。
20分待ちの時のポーランがかわいい。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 15:20
台詞回しがとてもいいね。
欧米の人だろうから、若干オリエンタル贔屓だけど
どれもよく描けてておいしそう。
ただ国連ボールの摂取カロリーはとんでもないことになってるな。
名無しのボール評論家:2015/04/29(水) 15:23
トリスタンダクーニャという、
世界で最も離れた島というのをここで初めて知った。
勉強になるなぁ。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 15:30
>>9
そのだらしない腹でヒーロー気取りかwww
今更だけどな
774:2015/04/29(水) 16:02
LotRネタ以外碌なもんが無かったけど、これは文句なしの力作。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 16:26
絵もうまいし面白かったな
しかし管理人の解説がひどいww

> これ以外まともなイギリス料理はない
あるだろ、ほら、あの、えっと・・・スコーンとかさ。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 16:32
色んな国の料理を知ることができるいいコミックだね!
ただ予想外なのが集中するに笑ってしまったこと
名無しの日本人:2015/04/29(水) 16:44
この作品を気に入らない奴は殆どいないだろう。とてもすばらしいね。

しかし飯回の丁寧な作品はハズレがないなまじで。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 17:21
殺伐としたコメ欄も飯には勝てなかったか・・・
飯は世界をつなぐね

やっぱ地中海料理はチートだよなぁ、ああ腹減った
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 17:27
夜に見なくて良かった
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 17:28
アーティチョーク持ってるオネーちゃんが、なんで裸なんだよっ!
ちょっと別の本能が刺激されちゃったじゃないかw
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 17:30
この人は顔の陰影の付け方が上手いと思ってたがデビュー当時からそうなのか……
もともとプロの漫画家なのかもな
名無しの日本人:2015/04/29(水) 18:06
力作だが、しょーもない小ネタを整理してもうちょい短くした方が、最後のネタにもっと爆発力出ると思うわ
これだとラストにいくまでに脳が疲れちゃうんよねw
人間が集中できる時間って生理学的にあんま長くないんよ
名無しさん:2015/04/29(水) 18:11
スシ・タコスか…。
まあタコライスを作った日本人が何か言える立場ではないが…
う…うまいのか?
名無しの日本人:2015/04/29(水) 18:16
内容と長さが合ってない
この内容ならもっと極端に短くまとめた方がいい
 :2015/04/29(水) 19:04
なげえ
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 19:55
>飯テロとは、善良な市民に対し無差別に食欲を沸き立たせる、
>残忍で卑劣極まりない行為である。
>これらの行為を絶対に許してはならない。
>これらの行為に決して屈してはならない。

食材とか普段使わない単語が多いから訳すのめんどいんだよね。
解説まで凄い力作だったけど、途中でナチュラルハイになったのかこれは?
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 20:03
まあすべての料理はご飯と海苔に取り込まれておにぎりになるんだけどな
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 20:10
セルビアがトルコをディスるところが、某K国が日本をディスる日常風景と同じで困惑したわw。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 20:27
かなり色々な言語が出てきたから、翻訳とか外国語の読みとか大変だっただろうと思う。グッドジョブ。
名無し:2015/04/29(水) 20:56
まずは翻訳お疲れ様でした。これは素晴らしいですね‼︎他サイトで紹介された「神風」のクリエイターさんの初作品なんですね。

ミリタリー関連のものを描くのが得意なのかと思いきや世界の料理•••しかも出場国ほとんどの料理や小道具がすごく丁寧に描いてある大力作ですね。

日本のお寿司だけならまだしも、その横にはおなじみの醤油の瓶がちゃんと描かれてあってw

各国のステレオタイプも満遍なく詰め込んであってホントたまげた人です。
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 22:40
力作だなぁ、すごい
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 23:04
小ネタ満載なのがいいんじゃないか
解説の写真のほうがテロwww
エンパナーダとセビチェ食べてみたい
トルティヤでつつむなら刺身だけのほうがいいかな
名も無き羊愛好家:2015/04/29(水) 23:36
ゲルマン民族の味覚はちょっと何なんだな
その中でもドイッチェはまだいい方みたいだ
ビールとブルストが旨けりゃ、あとは世の中どうでもいい
ハギスは食ってみたいが
名も無き羊愛好家:2015/04/30(木) 00:11
初回にしては大作だなおい
名も無き羊愛好家:2015/04/30(木) 00:28
※2
どんぐりこか
あそこNG厳しいよね
それはそれとして
長いけど素晴らしいコミックだったよ、クンリニンが仕事してるとこ久々に見たしね(笑)
名無しの日本人:2015/04/30(木) 01:06
超力作じゃん、オレからも拍手を送りたいくらいだわ
名も無き羊愛好家:2015/04/30(木) 02:32
完 全 に 飯 テ ロ
名も無き羊愛好家:2015/04/30(木) 02:54
動画がwww
基本的に脂っこくてカロリーが高ければOKなんだ
いきなり思い出し笑いしそう
名無しさん@ニュース2ch:2015/04/30(木) 04:32
色んな国の言語も使ってるし
各国の料理にも精通してるみたいだね
ブラヴォーだよアミーゴ
名も無き羊愛好家:2015/04/30(木) 08:08
頑張って描いたんだろうなぁ。
凄いや。(^ ^)
名も無き羊愛好家:2015/04/30(木) 09:22
醤油の瓶が普通にキッコーマンなのに感心した
名も無き羊愛好家:2015/04/30(木) 10:40
リクエストした者です。素晴らしい翻訳をありがとうございます!
長編で登場の国も多く、セリフも満載で大変だったと思いますが、小ネタも余さず訳していただいてとても感謝しています。嬉しくて何度か読み返してしまいました。本当にありがとうございました。
名無し:2015/04/30(木) 12:42
超大作だな、素晴らしい
名も無き羊愛好家:2015/05/01(金) 16:55
誤訳
Xコップンカップ (有難うございます:男性が使用、感謝の程度が軽いときや親しい友人などではコップンのみの場合も )
〇コプクンマーク(大変有難うございます:通常は男性が
カップ、女性がカーを付ける)
ピエロ:2015/05/01(金) 17:59
作者さんすごいですね。
他国文化への深い知識、行き届いた小ネタ、さらに絵までうまくて初投稿ですか。

そんな大作の翻訳から解説までお疲れさまでした。
名も無き羊愛好家:2015/05/02(土) 13:28
醤油差しがちゃんとした醤油さしでちょっと嬉しいわ
名も無き羊愛好家:2015/05/03(日) 07:11
中国なんだが醤油を別の調味料と間違えてないか?
名無しボ―ル:2015/05/04(月) 10:13
大作だけど、面白いから一気によんでしまった。
現実にもこんなコンテストがあったら、きっと楽しいだろうね。
名も無き羊愛好家:2015/05/17(日) 23:13
しょんぼりしてるトルコがかわいすぎる
後日本はラーメンで挑むべきだったな
名も無き羊愛好家:2015/06/16(火) 06:31
※2
そんなもんはチラ裏にでも書いとけ
名無し:2015/06/18(木) 12:54
タコスはタコの複数だったのか
ブラッディ名無し:2016/02/24(水) 21:39
こういうオールスター的な作品大好き
名も無き羊愛好家:2016/02/26(金) 14:39
中国の 「更に醤油的ね」 にイラッときた。
中国が醤油?よりも
豆板醤やオイスターソースのほが
しっくりくるんだけど・・・



名も無き羊愛好家:2016/04/08(金) 22:14
勢いもボリュームも文句無しの秀作だったよ!
名無し:2016/06/02(木) 01:44
※61
中国にも中国の醤油あってよく使われてるけど
名も無き羊愛好家:2017/05/22(月) 07:44
遅レスだが凄い作品だね!
※55※61
おまいらが作者より日本の教養がないクッソ底辺の『無条件愛国者』なことはよくわかるわw 疑問に思えばggrぐらいしろや。日本にある大抵の物は似たものや名前まで同じ物が周辺国にあるんだよ。
だいたい醤油なんて明治維新前から有るのに和名(訓読み)がない時点でお察しだろが。
名も無き羊愛好家:2017/10/02(月) 20:29
トルコ可哀想・・・
管理人~
cazzoはカッツォだぞ。
男性器という意味で
ちんこより、金玉の方が意味合いが強いよ。
powodzeniaはポヴォジェニアだよ。

コメントの投稿


検索フォーム

スポンサードリンク

ランダム記事


コメントポリシー

コメントする時は以下のルールを守って糞コメしないようにプリーズよ

・ポーランドボールはブラックジョーク以外の何物でもないので、内容を真剣に受け取らないこと


・コミックは120%正しいので「いや実際は~」「正確には~」とかあまり細かく追求しないこと。他国のことをネイティブ並に知っている人はほとんどいないんね


・ケツが痛くなってもポーランドボールや作者を必要以上に批判しないこと。どうしても批判したい場合は、ユーモアを交えるか建設的な批判にするおぶ

駄目な例:おいクソファッカー、お前のデタラメコミックはまじでプロパガンダ臭えんだよ死ね

良い例:おいクソファッカー、お前のデタラメコミックはまじでプロパガンダ臭えんだよ死ね…なんてことは全然思ってないよ。お時間取らせてソーリー


・政治の話をディープにしたい人は他に行ってプリーズよ。ポーランドボールは特に政治色を持ち合わせてないんね


・あまりにも酷いコメントは管理人がリムーブリムーブクソコメントお前はワーストコメントお前のコメントは臭すぎる…etcetc

OK?
ご協力サンクスイング

プープー

2048

数独に飽きたら2048やるいんぐ。
興味ある人はここをクリックおぶ
別Ver
シンプルな別ver(たぶんこっちの方が簡単)
やり方+攻略法

ポーランドボール用語

■オブ:of
簡単に英文の間違いを引き起こす便利用語。
非英語圏ボールのセリフは変な文法を使うことが推奨されている。


■クルヴァ:Kurwa
ポーランド語でファック。 どっちかというとクールヴァに聞こえるが面倒くさいからクルヴァと訳してる。

■ペルケレ:Perkele
フィンランド語でファック。
元は雷神という意味だが、今は罵り言葉として使われてる。
嵐の中塹壕を掘るときにペルケレ!ペルケレ!と叫ぶとやる気が120%アップする。
類似語のサータナとヴィッツも覚えておくといざというときに役に立つ。

■ケバブ:Kebab
トルコやムスリムのことだが、稀に串焼きの肉料理を指すこともある。
オスマン時代のやんちゃや、移民問題のせいでヨーロッパ(特にギリシャとセルビア)から嫌われている。

■ケバブを排除せよ:Remove kebab
セルビアの国歌。主にケバブを排除するときに使う。
公式動画のアコーディオンを弾いてる男は何人か殺っているという噂も。
動画:https://www.youtube.com/watch?v=eB9WgR_N4h4

■イスラエルキューブ:Israelcube
イスラエルのこと。
ユダヤの物理学によればボール達は実は超立方体らしいが、ドイツにより否定された。
超立方体内にパレスチナを捉えたり、空間を超えて銀行強盗をしたり出来る。

■xaxaxa
ロシア特有の知恵遅れっぽい笑い方。

■ホンホンホン:honhonhon
フランス特有の知恵遅れっぽい笑い方

■ふぇふぇふぇ:huehuehue
ブラジル特有の知恵遅れっぽい笑い方
上級者はhue、heu、huheを組み合わせて奇怪な笑いを生み出す。

■ライヒタングル:Reichtangle
ライヒ(帝国)とレクタングル(四角形)を組み合わせた忌まわしい単語。要するに四角いドイツのことである。
なぜドイツは四角いのか?なぜポーランドは宇宙に行けないのか?疑問は尽きないが、第四帝国のためにまずは形から4になってみたらしい。

■アンシュルス:Anschluss
強制的な国の併合。ライヒタングルの得意技であり、ナチス時代のポーランドのトラウマでもある。

■オムスクバード:Omsk bird
翼の生えた破滅。主にロシアを破滅させることを生きがいににしている。
かばんの中にはクロコダイルという危険薬物が入っており、ポーランドボール世界ではライヒタングルに並ぶ凶悪キャラである。

■ハラム:Haram
ケバブの禁忌のこと。完全にハラムな場合に使う。

■ゴイム:Goyim
ゴイの複数形。ユダヤの物理を理解してない異教徒どものこと。

■ホモゲイ:Homogay
スウェーデンのこと

■ボーク:Børk
ホモゲイの口癖。中国のアイヤ、日本のデスデスと同様の意味である。
基本どの国にもボークに相当する言葉があり、ボークの書に記されている。
ボークの書
■数独
拷問の一種であり、日本では切腹に並ぶ責任の取り方の一つとされているが、単に発音が似ているだけという噂もある。
当サイトでも数独をプレイ出来るようにしているがオススメはしない。

■レディット:reddit
ポーランドボール板がある2chみたいな掲示板。
ワンちゃんから18禁まで何でも網羅してる。